責任重大。人命に関わる場面も。

プール監視員のバイトに応募するために、特に資格が必要ということはない場合が多いです。
しいて言えば、真面目なこと、泳げること、健康であることが求められるくらいです。

しかし、プールのバイトなら、楽しそうという理由で応募すると、たかがバイトでも決して責任は軽くなく、お気楽な仕事ではないと思い知らされる場面に遭遇してあわてることになりかねません。
スポーツ施設のプールでも、レジャー施設のプールでも同じで、いつどこで不測の事態が起こるかはわからないので、常に周りを見渡し、危険を事前に回避するように注意を払わなければなりません。
実際に業務に就く前には、救命に関する講習などを受けなくてはならないことがあります。
プールには水があり、急に足がつったり、急な運動で心臓に負担がかかって異変をおこしたりする人がいることがあります。
特に子供などは何もなくてもおぼれそうになることもあります。
プールサイドは濡れて滑りやすく、転倒して思わぬ大けがになることもあります。

また、事故にはつながらなくてもルールを守らない人たちへの対応や、利用者同士のトラブルへの対応を求められることもあります。
せっかくプール監視員として働くなら、いろいろな起きうることに、きちんとした知識や技術をもって、対処できるようになっておきたいものです。
日本赤十字や消防署、日本プール安全管理振興協会など、いろいろな講習を実施している団体があるので、自主的に受けて、スキルアップしておくこともできます。

体力増進やリフレッシュなど、色んな思いを持ってプールに集まる人たちをしっかり見守る、やりがいある仕事。プール監視員のアルバイトに興味が沸いたら、http://pool-lifeguard.comがより詳しく教えてくれます。