バイト前の事前準備は念入りに。

水泳に自信があるならその特技を活かしてプール監視員のバイトができます。
万が一溺れている人がいても泳力を活かして人が助けられます。

だたし過信は禁物であり、プールでの監視の仕事を甘く見ていると思わぬ事故に陥る可能性も考えられます。
例えばプール監視員のバイトを開始する前に行う必要がある準備には、ストレッチ運動が挙げられます。
普段から運動を積極的に行っていて体力には自信がある人でも、急に体を動かすと問題が生じます。
例えば足の筋肉が痙攣しこむら返りを起こしたり、あるいは心臓発作などの症状を引き起こすリスクがあります。
このような体の異常がプールでの救助活動中にでも発生すると、監視員本人の身の安全も危うくなりかねません。
そのためプール監視員の仕事では、仕事を始める前にまずはストレッチなど準備運動が義務付けられている職場もあります。

油断が大きな事故につながりかねないため、たとえ強制されていなくとも自主的に体調を整える意識が大切です。
またプールの監視員の仕事に従事する前日には、睡眠をきちんと取る事もバイトの準備の例として挙げられます。
睡眠不足が体の不調を引き起こす可能性は高く、また本人は意識がはっきりしているように思えても注意力散漫であるため、監視の仕事にも支障をきたしかねません。
仕事に慣れてくると、準備運動を怠ったり睡眠不足のまま仕事を始めるなど問題行動を起こしやすいため、気を引き締める必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です